コウノドリ

コウノドリ2続編ドラマの視聴率速報!最終回まであらすじネタバレ随時更新!!

2017年秋ドラマで放送中!
コウノドリ2・続編シリーズ!
TBS金曜夜10:00~毎回ナミダ涙なみだしながら視聴中!!

なんであんなに泣けるのでしょうか。
そして今社会に問うべき問題をストレートに出してくる。
毎回考えさせられます。

そして毎回ドラマをみた後、
今ここにある命に、感謝の思いでいっぱいになります。

 

本当に大好きなドラマです。

 

この記事では、ドラマ「コウノドリ2」続編シリーズの視聴率を最終回まで速報更新していきます!!

 

ついで、次回のあらすじネタバレも随時更新してきますのでお楽しみに♪

 

 

コウノドリ2続編
視聴率速報!!!!!

第1話 (2017年10月13日放送)
「命について すべてのこと」

12.9%!!!

 

第2話 (2017年10月20日放送)
「母と子、答えなき命の選択」

11.8%

 

第3話 (2017年10月27日放送)
 「母を救え 産後うつと無痛分娩」

11.9%

 

第4話(2017年11月3日放送)
「自然分娩 良い母になるリスク」

13.6%

 

 

第5話(2017年11月10日放送予定)
「二人の母と友情」

10.6%

 

第6話(2017年11月17日放送予定)

11.0%

 

第7話(2017年11月24日放送予定)

11.7%

 

第8話(2017年12月1日放送予定)

12.9%

第9話(2017年12月8日放送予定)

12.3%

第10話(2017年12月15日放送予定)

 

 

「コウノドリ2」続編シリーズ
あらすじまとめ

第1話

前作から2年後。
サクラは耳が聞こえない妊婦・早見マナ(志田未来)を診察する。夫・健治(泉澤祐希)も耳が聞こえないことで赤ちゃんを産んだあと、育てられるのか不安だと話すマナ。サクラは迷惑かければいいじゃない!と笑顔で励ます。ホワイトボードで「いきんで!」など耳の聞こえないマナにもわかりやすいようチームコウノドリがサポートし無事女の子を出産する。
一方四宮のもとに早く仕事に復帰したいキャリアウーマンの妊婦・佐野彩加(高橋メアリージュン)が健診にきた。彩加の赤ちゃんは心室中隔欠損と呼ばれる疾患があるとわかる。仕事に復帰したい彩加、病気の赤ちゃん、二つの不安に悩まされる。そんな彩加に夫・康孝は「俺も手伝うよ」という。それを聞いた四宮が「手伝うじゃないだろ?あんたの子供だよ!」と一喝。
無事に女の子を出産するが、、夫は育休を取ることは出来ず、、、散らかった部屋に呆然と座る彩加。響き渡る赤ちゃんの泣き声。

 

詳しくは、こちら↓↓↓
コウノドリ2続編1話視聴率とあらすじ感想&第2話のあらすじネタバレ!

 

第2話

サクラのもとに診察にきた妊娠19週の妊婦・久保佐和子(土村芳)に子宮頸部線がんが見つかる。がんの進行が早く、子宮を全摘出しなければいけない。お腹の中で元気に動く赤ちゃんをあきらめることができない佐和子。サクラは佐和子の意志を尊重し、また佐和子が生きて育ててほしいと28週での出産を勧める。それに対し四宮は、赤ちゃんに障がいが残るかもしれない!と32週まで待つべきだと意見がぶつかり合う。
久保夫婦はどちらの選択をするべきか決断しなければいけない。
佐和子の夫・慎吾(福士誠治)が「おれと佐和子の子供だよ。おれたちで育てるんだ!3人で生きよう!」と28週で産むことを決める。
無事出産し、佐和子の手術の結果、転移はないとわかり喜ぶ夫婦。

一方、2週間健診1ヶ月健診で四宮のもとを訪れていた彩加とミナミちゃん。どんな質問にも大丈夫です!と答え、仕事復帰の話しかしない彩加に違和感を覚える。
保育所が見つからず焦る彩加、、、泣き続けるミナミを病院の受付に置いて姿を消した。

 

詳しくはこちら↓↓↓
コウノドリ2017続編2話の視聴率速報!感想&3話あらすじネタバレ!

 

第3話

サクラの健診を受けに来た39週の妊婦・山崎麗子(川栄李奈)と夫・友和(喜矢武豊)。素直すぎる麗子は、迷信を何でも信じてしまいサクラたちを困らせてしまう。サクラは心臓病を抱えている麗子に、無痛分娩を提案する。当日になって麗子は、友だちに無痛分娩で産むということは、子供より自分がかわいいんだと言われ、自然分娩で産みたい!言い出す。心臓に負担がかかり赤ちゃんも母体も危険になる!と話し無痛分娩で女の子を出産する。
一方、キャリアウーマンの妊婦・彩加は、ミナミの診察で新生児科を訪れていた。診察の結果、心臓の穴も小さくなっているので手術は必要ないとわかる。するとすぐにでも仕事復帰したい彩加は、保育所探しに必死になる。なかなか見つからず焦っている時に、仕事仲間から、自分のポジションに後輩が決まったと聞く。もう自分は必要ない人間なんだ、、とミナミを病院の受付に置いて屋上へと上がる。四宮が説得し、産後うつである可能性が高いと話す。病気のせいでミナミを可愛く思えなかったのだと気づくことができた。

詳しくはこちら↓↓↓
コウノドリ2017続編3話の視聴率速報!感想&4話あらすじネタバレ!!

 

 

第4話

トーラック(帝王切開後の自然分娩)を希望する妊婦の蓮(安めぐみ)がペルソナを訪れる。2度目の出産は、自然分娩にしたい。
我が子を愛せていないのではないか、、、と不安になっている蓮。
その理由は、帝王切開で産んだからだ!
と考え、次の出産はどうしても産道を通して産みたい!!

蓮の強い意志をサクラ(綾野剛)は尊重することにした。それに対し四宮(星野源)は、子宮破裂の危険や緊急事態を巻き起こしかねないタ―トラック。
「そのせいで、妊婦や医師がリスクを背負うことになる」と反対する。二人の意見が激しくぶつかり合う。
ギリギリまで自然分娩をと考えていたが陣痛が進まず、子どもの体力がなくなったきたため、蓮も子どもの命を考え帝王切開に切り替え無事に出産できた。
一方、産科医になりたくないと言っていた研修医のゴロー(宮沢氷魚)は蓮の出産に向き合うことで、患者の気持ちに寄り添うとは、何かを考える。次は新生児科に行くことになった。

詳しくはこちら↓↓↓
コウノドリ2続編ドラマ4話の視聴率速報!感想&5話あらすじネタバレ!?2017年10月31日

 

第5話

サクラのところに診察に来た27週の妊婦・西山瑞樹(篠原ゆき子)。診断の結果、切迫早産の可能性があるので入院することになる。
病室に行くと同じく切迫早産で入院していた七村ひかる(矢沢心)がいた。同じ境遇だった二人はすぐに仲良くなる。
切迫早産は、絶対安静でトイレなどでしか動いてはいけない。基本はずっとベッドにいる。二人は、こんな状況も一緒に頑張って元気な赤ちゃんを産もうね!と励まし合う。
そんな中、、、瑞樹の赤ちゃんの心拍が確認できなくなる。

隣の部屋では、元気な赤ちゃんが産声をあげる。
瑞樹の部屋では、静かに、、とてもきれいな女の子アカリが産まれる。
西山夫婦は沐浴をしてあげたり、お店に連れて帰ってあげたり。
アカリちゃんとの時間を最後まで大切に過ごした。

詳しくはこちら↓↓↓
コウノドリ2続編ドラマ5話の視聴率速報&6話あらすじネタバレ!?

第6話

下屋は、ヘルプで行った産婦人科で
切迫早産で入院している神谷カエと出会う。
名前も年齢も同じ二人は、
すぐに意気投合し仲良くなる。

患者に対して首を突っ込み過ぎでは?と
白川に言われるが

自分で判断する力をつけることも大事
サクラ先生や四宮先生に頼ってばかりじゃ
一人前になれない!!

と反論する。

そんな中、下屋はカエの様子に違和感を感じる。
産婦人科の院長に伝えるが
「週明けに検査する」と言われ
そのまま帰る。

ペルソナに戻っていた下屋のもとに
心配停止の妊婦が運ばれてくる

それが、、、、
まさかのカエだった。。。

違和感に気付けていたのに、、、
何もできなかった自分を後悔する下屋。

彼女が出した結論とは、、、

詳しくはこちら↓↓↓
コウノドリ2続編ドラマ6話の視聴率速報&7話あらすじネタバレ!?

第7話

前から痛みを感じていた小松。
ある時、ナースステーション突然倒れた。
心配するサクラと四宮。
みんなに心配かけまいと明るく
「子宮筋腫があることはわかっている
忙しくて検査に行けないでいた」と話す。

サクラの勧めで詳しい検査をすると
子宮腺筋症と卵巣チョコレート嚢胞だと診断される。
すでに症状が進んでおり、ガンになる可能性もある。
子宮の全摘を薦めるのが小松のためだと、本人に伝える。

それは、小松自身もわかっていた。
しかし子宮を全摘となると、、、
もう子どもは産むことができない。。。
と踏み出せずにいた。

小松が出す結論とは。。。。

詳しくはこちら↓↓↓
コウノドリ2続編ドラマ8話の視聴率速報&次回9話のあらすじネタバレ!?

第8話

ペルソナで、吸引分娩での出産を控えている風間真帆(芦名星)にサクラや小松、そして新生児科の白川が寄り添っていた。

新生児科としての経験が増えてきた白川は、同期の下屋に全ての赤ちゃんを救うためにも医者としてもっと上を目指すべきだ!!と熱く語っていた。
そんな白川の様子を見ていた今橋は、自信がつき始めたことで周りが見えなくなるんじゃないかと心配になる。
そんな矢先、、、、白川に、、、。

ある日、四宮の父が倒れたと連絡がきて、急きょ地元に帰ることになる四宮。父との関係性は、、、。

 

第9話

 

 

 

「コウノドリ2」続編シリーズ
次回ネタバレ!!

次回は第9話!!
2017年12月8日TBS金曜夜10:00~放送。

第9話のネタバレはこちら↓↓↓

原作漫画「コウノドリ」18巻『不育症』が
メインのお話になると思います。

流産というのは確率が高い。
妊娠した女性の15%、およそ6,7人に1人は流産になってしまう計算になる。

そのほとんどは、受精卵にたまたま染色異常があり、
しかたがない、どうすることもできない。
そして妊娠検査薬には陽性反応があっても胎嚢が確認される前に生理が来てしまうことを、化学流産という。
これはとても高い頻度で起きている。
「今月は生理が遅れた」という中にも含まれているので
気付かない人も多いそう。

この話の妊婦さんは篠原夫婦。
ある朝、沙月が夫・修一に
「赤ちゃん・・・できたみたい・・・」
と話すが、、夫婦は浮かない表情。
「オレも一緒に行くよ」と言う。

篠原夫婦は、以前に2度流産を経験している。
流産率は年齢とともに上がってしまう。
36歳の沙月は、だいたい20%の確率で起こってしまう。
沙月は、自分が不育症なんじゃないかと不安になる。

2回連続する流産を反復流産
3回以上連続すると習慣流産という。
不育症は正式な医学用語ではなく、定義が決まっていない。

今回は3回目の妊娠。
今回も流産になるのではと、、不安がつのる篠原夫婦。
心拍が確認できる2週間後に健診となった。

次にサクラのもとに診察にきた後藤夫婦
サクラはこの夫婦に不育症のクリニックを紹介していた。
すると後藤夫婦は、抗リン脂質抗体症候群という疾患がり、血液がかたまりやすい体質だったとわかる。
血栓を作りやすいため、赤ちゃんへの血液を阻害し
流死産の原因となってしまう。

原因がわかっているため、血液をサラサラにするアスピリンの内服とヘパリンの在宅自己注射で血栓ができにくいようにしている。
自己注射で足はアザだらけだが、流産したときのほうがずっと辛かったから、大丈夫と笑顔を見せる。

いよいよ明日は健診の日となった篠原夫婦。
修一は不安いっぱいの沙月になんて言ってやったらいいのかわからないでいた。

そして健診当日、夫婦は祈る思いで内診台に上がった。

ここに赤ちゃんの姿は見えます。
ただ、、、、

心拍がない。

サクラは篠原夫婦に、
もしも不育症の検査を希望される場合
不育症専門のクリニックを紹介しますと伝える。

沙月は、もう赤ちゃんを諦めようかなと話す。
修一は、今までの思いを話し始めた。

今、一番つらいのはお前だと思う。
けど、、、オレもつらくて正直どうしていいかわからない。
オレは流産してしまったことがつらいんじゃないんだ、、
苦しんでいるお前に何もしてやれないことなんだよ。
何をしてやったら、何を言ってやったら、、、
お前が昔みたいに笑ってくれるのかずっと考えている、、
初めて妊娠してオレにエコーシャア信を見せてくれたとき
お前がすごく嬉しそうな顔をしてて
オレはその顔を見るのがすごく幸せで
だからもう一度見たいんだよ。
もしお前が本当に諦めていないなら
不育症の検査を受けてみないか?

沙月は不育症の検査を受けるためクリニックに行く。
するとたくさんの人がいたことに驚いた。

不育症の検査は
・子宮の形態異常を調べる
   子宮の形で流産しやすい人もいる。
・甲状腺や糖尿病などの検査
・血液が固まりやすい原因がないか調べる抗リン脂質抗体検査
・血液凝固因子検査
・染色体検査

不育症の検査には、お金がかかるものと保険が適用されるものがある。
一通りの検査で6万円以上。。。

でも、これが原因だとはっきり断定できることは少ない。

沙月の検査結果が出た。
どれも正常範囲で、これが原因とは決められない。
流産の原因がわからないってことは、もう治療方法がないってことですよね?
と篠原夫婦は落ち込む。

サクラは
検査をして不育症の原因がわかり、治療をした女性が出産ができる確率は80%以上。
そして
検査の結果、不育症の原因がわからず、治療をしかった女性が出産できる確率は、、、80%以上です。

治療しなかったのは、する必要がなかったから。
篠原さんは、次の赤ちゃんを妊娠して出産に臨めるのだ!
とわかった結果なんです!

赤ちゃんを産んで育てられるんだという気持ちを持ち続けることが大切です。

篠原夫婦は、諦めたくない、二人で頑張ろうと話す。

数か月後、篠原夫婦は4度目の妊娠をした。
健診のとき、誰もが祈った。。。

赤ちゃんの心拍が確認できました!

沙月はうれし涙を流す。

というお話です。

 

 

まとめ

毎週毎週、感動しすぎて目が腫れるドラマ「コウノドリ2」。
元気に産まれてくることがどれほどの奇跡なのか、今一度気づかされます。

原作漫画でも毎回泣けますので、ぜひぜひオススメです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

脱毛するなら今!予約が取りやすいうちにスタート♪