流産

流産しやすい時期は何週目?過ごし方や原因・症状についても

どうもこんにちは!

来年の四月から長男くんも幼稚園に行くしで
次が生まれてきてくれてもいいなぁ~なんて考えてて(^^)

ちょっと真面目に妊活に取り組もうかなと考えているにじママです(笑)

でも一度流産を経験すると・・・
また次も流産しやすいとか、子供ができにくいとか、
いろいろマイナスなウワサを聞いちゃって。
少しナーバスになっている今日この頃です。

早期流産(12週未満)は自分ではどうすることも出来ないってわかっているのですが、少しでも自分にできること・気をつけておきたいポイントなどを知っておきたい!

と思って、もしものために流産しやすい時期や、その原因や症状など正しい知識を調べてみました。

これをしなかったから流産するとか、しないとかは全く関係ないです!
ただの自己満足です(;’∀’)

 何か少しでも参考になる部分があると嬉しいです。

流産しやすい時期はいつ?

流産しやすい時期

何度も言いますが、早期流産はほとんどの場合が受精の時にきまっているので、自分ではどうすることもできません。

でも、もし流産しやすい時期とかがあるのなら知りたいなと思って調べてみました。

まずはじめに、流産とは?

妊娠22週より以前に妊娠期間が終わることを言います。
流産する時期により言い方も違っています。

  • 12週未満・・・早期流産
  • 12週~22週未満・・・後期流産

 

流産しやすい時期は?

 全ての妊婦を対象とした自然流産のリスクは約15%ですが、35歳以上の高齢妊娠だとその危険性は20%まで上がると言われています。

 また流産を経験したことのある方の中で80%は妊娠12週までに流産を起こしています。

妊娠12週までの流産の確率が約30%から45%であるのに対して、妊娠13週~16週の流産の確率は6~9%となっているため、

流産しやすいと言える時期は妊娠12週ごろまでとなります。

 

 

流産する原因や症状はある?

 妊娠12週未満の流産、ほとんどの場合
胎児の染色体異常が原因と言われています。

この染色体異常は、精子と卵子の受精段階で決まっています。

 受精段階で妊娠が継続できない(=流産してしまう)ことが決まっているため、これに関しての流産はママにはなんら問題はなかったと言うことです。

この子はそういう運命だったと辛いですが悲しいですが・・・受け入れていきましょう。

 

反対に、妊娠12週を乗り切ったあとの後期流産では、ママの身体になんらかの原因がある流産が多くなってきます。

まず、ママの身体自体になんらか場合、子宮奇形や絨毛膜羊膜炎、感染症などの症状が影響しています。

これらの症状がある場合は、妊娠しても子宮で赤ちゃんが育ちにくので、妊娠と流産を繰り返してしまうことになります。

 ママの身体が原因の流産になりますが、決してママの行動や生活に問題があるための原因ではありません。

防ぎようのない流産だと言えます!!
この機会に検査をして、先生と相談しながら妊活を進めていきたいですね。 

 

ママの生活習慣が影響することも!? 

それ以外のことが原因の流産は、ママの生活習慣や激しい運動によるものが挙げられます。
出産ギリギリまでお仕事を続けられる方も多いでしょう。

心的や肉体的な負担、ストレスは血流が悪化し、赤ちゃんの成長にも影響が出てきてしまいます。

 喫煙は問答無用でNGなのは周知の事実ですよね。
ニコチンや一酸化炭素による低酸素状態が影響しています。

子宮への血流を悪くしてしまうために、赤ちゃんへ栄養が届けられなくなるのです。

 歯周病も関係している?

母子手帳に歯科検診のクーポンがついていますよね。

これは虫歯等の進行具合や歯周病になっていないかを確認するため受診しなければならないのです!

え?歯周病と流産は、なんの関係があるの?
と思うかも知れませんが、歯周病によって作り出されるサイトカインという物質が、プロスタグランジンという物質の分泌を促します。

プロスタグランジンは陣痛を促進させる物質のため、早産や流産の危険性を高めます。

 

流産を引き起こしそうになると、お腹が張ってきたり出血があったりします。
気になる症状がある時は、すぐに病院を受診しましょう。

妊娠期間中の過ごし方について

基本はゆっくりまったり過ごしましょう(*´ω`)

でもつわりなどの度合いによっては、しんどくて何もできないこともあると思います。
そんな時も無理して掃除しなきゃ、ご飯しなきゃって頑張ってはいけないですよ!

思い切って休みましょう!

3日くらい掃除機かけなくても大丈夫!(笑)
3日くらい洗濯せんでも・・・なんとか大丈夫(笑)
ご飯は、栄養面を・・・とか気にしなくて大丈夫!(笑)

案外なんとかなるもんです!

パートナーに甘えるということが難しいと感じる方も練習と思って、ちょっとしてくれない?って頼むのもありです♪

言われんでもやってよ~とも思いますが、
「ちょっとごめんなんやけど」って一言を伝えるだけで気分よく動いてくれる確率が大幅に上がります(笑)

そして、してくれた後には
最高の笑顔
「ありがとう~!!!しんどかったから、ほんまに助かった!!」
って2、3回!!は言っておきましょう!
すると、今度は自分から「しようか?」と言ってくれる確率が高くなってきます(笑)

 

これだけは気をつけて!

検診で医師から切迫流産だと診断された場合は、絶対安静となります。
切迫流産とは、お腹の中で赤ちゃんが成長を止めてしまいそうになったり、子宮頸管が短くなり、身体の外へ出てしまいそうになることです。

なので絶対安静と場合は、トイレ以外布団から出ないこと(お風呂も入れない!!)です。
お仕事や家事なんてもってのほかです。
先生にも怒られちゃいます。

多少のお腹の張りがあるだけだとか、ほんの少しの出血とか、症状が軽い場合もあります。

症状がひどい場合は入院して安静を図ることになります。
またこの状態が妊娠22週以降に起こると、切迫早産になる可能性も。

わが子のピンチなのだから、ママの手で何かしてあげたいと思うでしょう。
しかしママに出来ることは、横になり安静にすることだけなのです。

まとめ

流産はどうしようもない原因であることがほとんどです。
もし流産を経験して、辛い思いをしたとしても、決してママ自身を責める必要はないのです。

私は早く知り過ぎるのも、変に神経質になってしまうのかなとも考えています。
だから、もしできたかも?と思ってもしばらく様子を見ようかな(笑)
また心拍が確認できませんって言われるのが怖いだけなんですけど、、、。

妊娠が確認できたら、その後流産や早産、その他いろいろな不安を抱えながら10ヶ月もの間、お腹の中で赤ちゃんを育てていくことになります。
ですが、それを乗り越えると本当に愛おしい大切な宝物に出会えるんです!

その時しか味わうことの出来ないマタニティライフを楽しく過ごせますように(*^-^*)

 

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

今ならお得!!初回限定49%OFF!!

子供用歯磨き粉ブリアン