出産

いよいよ出産当日!!いろいろ乗り越え出会えました!

今回は、私の出産当日を書いていきます。
本当に出産は、千差万別と聞きます。

私は初産で、母子手帳には10時間と書いてあるので安産よりなのかな?
10時間というのは、本陣痛が始まってからみたいです。
私の場合は、分娩台に上がってから4時間程かかりました。。。
分娩台への移動は、子宮口は全開になってからなので
かなり時間がかかりました。
大体1時間以内には、、、らしいですが。。。
あとでわかったのですが、分娩台使用料の延長料金というのまで
しっかり取られてました。。。(病院によると思いますが。。


これから書くことは、初めて出産される方や
総合病院での出産される方を不安にさせてしまうかもしれませんが、、
こんなこともあるんだなと読んでほしいです。

スポンサードリンク

私の感想は
助産師さんとの相性って、とーーーーっても大切!!!!

あと一人でガマンしたり耐えたりなどしない!
そして看護師さんが来てくれるのを待つだけはしないでほしいです!

自分からナースコールでも何でもいいから
呼んで来てもらって、診てもらってほしいです。

ではでは、当日のことを書いていこうかな!!
タラタラと書こうと思うので、お時間ある時にでもどうぞ。

私は、予定日の一週間前に破水から始まりました。
朝6時半に目が覚めて、起き上がろうとして、ほいっと力を入れた時に

あれ?あれれ??ちょっと漏れた?ん?

すぐにトイレに行ったのですが
なんかチロチロと止まらない、、
ん?おしっこではない?
とりあえず生理用品をつけまして
トイレから出て、携帯を取りに、、
またすぐにトイレに戻り、、やはりチロチロ、、
トイレの中で病院に電話したら

破水しているかもしれないですね。
すぐに病院に来てください。

入院用の荷物まとめていて良かった~と思いつつ
車で病院まで送ってもらいました。
バスタオルを、おまたにしっかり挟んで!!
痛みがあるわけではないので
病院へ向かう車内は、お気楽なもんで
ベビちゃんがお腹にいるのは
あと少しの時間しかないんだな~と
写真をたーくさん撮っておきました。

そして病院に着いて内診してもらうと

破水で間違いないですね。
今は、赤ちゃんの頭で、ふたがされた状態で
羊水は止まってますね。
このまま入院して、ベッドで様子を見ましょうね。

となりまして
しばし、、なんてすることもない、待ちの状態が続きました。
お昼を過ぎたくらいから、じわじわと生理痛のような
腰が重い感じになってきて
定期的に診に来てくれる助産師さんに

これが陣痛ですか?

いやいや!まだまだ全然ですよ~

と言われ、陣痛ってどんなんじゃい!?
と思いながら待ちの状態延長。。

本当に何もすることがないで
携帯で陣痛アプリを取って
あっ痛いかも?と思った時間を計りながら過ごしてました。

3時過ぎた位から
あっ!!これは痛いぞー!!
ってのが腰を中心に広がってきまして
4時過ぎに

陣痛が来ましたね~

とやっと助産師さんからのお言葉。
陣痛待機室というところに移動しました。

いや~そこに行ってからは
腰から背中にかけて
じんじん!!ズキズキ!!痛い波が何度も何度も数分おきに。。

家族が背中をさすってくれるのが、とても癒されました。
そして、いきんだらダメって聞いてたので
ずっと深呼吸をしてました。
なんか息を吸うのが難しくて
ふ~ふ~って息を吐くことばかりに意識してました。
人間、息を吐くと勝手に息を吸うみたいです。

母が満潮が夜の7時やから、それ位に生まれるよ~。

と言ってたので
そのつもりやったのですが、、、
 
陣痛待機室に移ってから
担当の助産師さん忙しいのか全然来てくれなくて
よく分からないまま、深呼吸しながらふぃ~、ふぃ~と耐え
いつの間にか満潮の夜7時を過ぎてしまいました、、、

私もだんだん痛みに疲れてきて
体力がなくなってきたんでしょうね。
家族が見てられなくなったようで
助産師さんを呼びに行ってくれて
担当の方ではない、助産師さんが来てくれて
そしたら

もう子宮口が全開になってるね
分娩台があるお部屋に移動しましょうか。

と、なりました。

ん??いつから全開やったのかしら?
もっと早い時から?
と思いつつ移動しまして。。
分娩台にあがると
担当の助産師さんが来てくれまして

初めてで、何もわからない私は
いきみ方や、力の抜き方、今何をすればいいのか、
どんな姿勢がいいのか、もう?はてな?しかありませんでした。

担当の方は、好きな体勢でいいよ~
と言ってくれるのですが、、、
どれが好きか、どれがラクなのかも分からずで。

そんな中陣痛の痛みだけが続き
だんだん私も、お腹の中の赤ちゃんも疲れてきて
微弱陣痛になってしまいました。

人間、不思議なもので
体力を回復しようとするのか、こんな状況の中でも、眠くなるんですね。。
うとうとしつつ、でも意識ハッキリみたいな状態が続きました。

分娩台に上がって3時間ほど過ぎた頃
ベテランらしき助産師さんが様子を見に来てくれました。

すると私の足元で
担当の方と、ベテランさんと、お医者さんで何やら話し合いが。。
意識はハッキリしてたので聞こえるんです。

担当の方が
すみません、その出血は私が誘導を、、、

ん?んん??すみませんって何かしたのか?

よーく聞いていると
どうやら、赤ちゃんの頭を誘導する時に
何かミスかな?があったようで
私のあそこが大きく裂けていたようです。。。

そこからベテランさんにバトンタッチとなりまして
足の置き方から、手の握り方、力の入れ方などを
的確にわかりやすく教えてくれたんです!!

そして

上手に出来てるよ~!!!
今のいきみ方いいですね~!!!

ってめーっちゃほめてくれるんです!!
すると私も、こうすればいいのか!がわかってきて

アッという間に、坊ちゃんが誕生しました!!!

自分でもびっくりでした。
我が子との初対面、とても感動でしたね。

でもすぐに赤ちゃんも疲れたのか、心拍が少し弱いとかで
連れていかれちゃいましたけど。

そして私もまだまだすることがあったようです。
次は胎盤やら膜やらを出していくんです。
もうこの時は、痛みがマヒしてるので
あぁぁあぁあぁ!!て感じで
自分の中からドゥルンって出ていきました。

そして大きく裂けたところを縫ってもらいました。
これは痛かったですね。(でも抜糸の時の方が痛かった!)

そのあとは
看護師さん達がお片付けと
私の体を拭いてくれてパジャマに着替えさせてくれました。

ようやく落ち着き
いろんな健診を終えた坊ちゃんも帰ってきて
私は立ち合い希望してなかったので、このタイミングで
主人や家族とも会えました。

しばらく一緒に過ごして
また坊ちゃんは新生児室へ。。
私も病室へ。。
少し休息時間です。

一時間位ベッドで休んでたら
坊ちゃんを連れてきてくれて
そこで初授乳となりました。

私は傷が痛すぎて起き上がれずだったので
寝たままの授乳でしたね。
助産師さんが上手にしてくれました。

小さな小さな我が子。
一生懸命にお乳を飲む我が子。

痛みはありましたが
何とも言えない感動と幸せがありました。

これで出産当日は以上です。
長々と書いたのに読んでくれた方、本当にありがとうございました。

☆おまけ☆
翌日に、はじめに担当だった助産師さんが
時間がかかってしまって、ごめんよ~
と、とても軽く謝りに来られたので
やっぱり何かミスがあったんだなと確信しました。

なので本当に助産師さんとの相性は
とっても大切だと思います。

また、何回でも何回でも呼んでみてもらうことも
とっても大切だと思います。
母は満潮の時間に生ませとかなあかん!と
ずーっと言ってました。

私もちょっと不信感が残ってしまったので
これから出産する次男くんは、個人病院にしました。
また、どう違ったのか、無事に出産を終えて落ち着いたら
書こうと思います。お楽しみに♪  

今ならお得!!初回限定49%OFF!!

子供用歯磨き粉ブリアン